コンテンツ
ヘッダ

人事のO・SHA・BE・RI ☆彡

ようこそぉ〜♪  ココイチ(FC展開)人事のお喋り部屋へヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ
弊社の採用情報などのご紹介をはじめ、食べる事が大好きな人事の、ココイチグルメ・
その他グルメをご紹介してまいりたいと思います☆彡 気楽ぅ〜にご覧いただければとても嬉しいです♪

ボディ
メインコンテンツ

カレンダー

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事

タイトル
タイトル
【お知らせ】鹿肉レトルトカレー完売のお知らせ
記事本文

 久々のブログになりますm(__)m。
 

7月1日より販売を開始いたしました

淡海の国・滋賀 鹿肉の煮込みレトルトカレーですが、

おかげさまで本日11月5日をもちまして、

ホームページからご購入いただけます

ネット通販分でも、完売とさせていただきます。

 

只今、生産中ですので、次回の販売開始まで

今しばらくお待ちくださいませ。

販売開始の予定は、12月中旬から下旬にかけて。

 

これからのギフトの時期に。。。

心待ちに下さっている皆様には本当に申し訳ございません。

 

また、鹿レトルト通販画面では、

「完売のお知らせ」が掲載できておらず、

こちらも併せてお詫び申し上げます。

 

これから少しずつ、構築してまいりますので、

当面の間は、こちらのお知らせにてご了承くださいませ。


 

株式会社アドバンス

通販担当より

記事続き
タイトル
タイトル
第3回よばれやんせ湖北
記事本文
 11月17日長浜バイオ大学内にて、
第3回 よばれやんせ湖北が開催され、
弊社も天然鹿肉カレーの提供にいってまいりました

DSC_0823.jpg

ビワマス・近江牛・鯖そうめん等々、
湖北の美味しい食材・お料理が沢山ふるまわれ、
ご来場された方々も舌鼓

DSC_0834.jpg

嘉田由紀子 滋賀県知事もご来場され、
基調講演を拝見する事ができました

DSC_0829.jpg

弊社ブースにお越しになった嘉田由紀子知事との再会、
「滋賀の鹿カレーですね」と、
お墨付きをいただきました
いつも応援くださりありがとうございます

嘉田知事と(よばれやんせ湖北にて).jpg



そして、ファンでもあるビワマスの鱒田さんとの初ショットも
嬉しい出来事でした

DSC_0830.jpg

鱒田さんの後ろ姿が何ともチャーミング

DSC_0835.jpg
記事続き
タイトル
タイトル
月間WEDGE誌に掲載されました
記事本文
 新幹線のグリーン車に設置をされていたり、
キヨスクで販売をされておりますWEDGE(ウェッジ)誌に、
弊社の鹿肉カレーが紹介されました

その他、獣害問題についても多方面にわたり詳細をされています

取材でご来社いただきありがとうございました

鹿肉の利活用の輪がこれからも全国的に広がりを
見せますように願っております

DSC_0596.jpg
記事続き
タイトル
タイトル
狩猟まるわかりフォーラム2013
記事本文
ハンティングの魅力を知ってもらおうと全国9カ所で
環境省主催で開催されております
【狩猟まるわかりフォーラム2013】

9/14は滋賀県会場という事で、ジビエ紹介で
弊社も近江日野産天然鹿カレーの出店をさせていただきました


DSC_0211.jpg

そしてこれに関する記事が、
平成25年9月11日(水)のびわ湖大津経済新聞さまに掲載されました

http://biwako-otsu.keizai.biz/headline/912/

記事には、ハンターガールの齊田由紀子さんをはじめ、
ジビエブースに出展する獣美恵堂(ジビエドウ)さんや
我々、滋賀CoCo壱番屋のコメントも掲載されています


DSC_0369.jpg

DSC_0513.jpg

我々ジビエ紹介の出店ブースは、ぴあざ淡海さん向かいの
なぎさ公園にて販売させていただきました
天候に恵まれてヨカッタです

その他、体験型ショップもあり、
私も無料でシカの角を使ったネックレスと、
皮を編んだキーホルダーを作らせていただきました

DSC_0377.jpg

DSC_0373.jpg


普段、なじみのない野生動物さん達の事を知る
きっかけづくりになれば、我々参加者もこの上ない喜びです

今後も地元猟師さん達との連携によって、
鹿肉を美味しく召し上がっていただく提案が出来ればと願い、
尽力してまいります

ご来場の皆様、関係者の皆様、本日はお世話になり
誠にありがとうございました



記事続き
タイトル
タイトル
3月からの鹿カレーのご紹介☆彡
記事本文
ここでしか食べられない4種のシカカレー『ココdeシカ』企画。

2月末をもちまして終了となりました

沢山のご愛顧をいただき、誠にありがとうございました

鹿の利活用の輪をもっと広めたい!と始まったこの企画。

県内外より、遠路遙々弊社の鹿カレーをお召し上がりに

ご来店いただく度に、お客様から鹿カレーについての

ストーリーをスタッフが聞かせていただく場面が数多くあり、

「沢山の喜びと感動をいただきました!」という報告が

各店から寄せられております

猟師さんあっての安定供給と、弊社と、

鹿肉の有効活用への一歩になるのならと、

数多くの応援をいただいたお客様の「三方よし」の力で、

嬉しい企画となりました


「シカジマ君スタンプラリー、楽しかった」
「行ける所は電車で回りました。良いプチ旅行になりました」
「やった!これで2種類制覇!スプーンゲット!」
「次はな、〇〇を食べに〇〇店に行くんや」
「〇〇カレーは〇〇店長の店に行ってきます」
「この話を聞きつけて〇〇県から来ました」
「今日は4種類目を制覇しに来ました♪」
「オリジナルエコ箸!?1000個しかないって希少価値ある!」
「制覇したスタンプラリーカードを記念に欲しかったので2回ずつ、食べました」
「鹿肉のクリームシチューカレーが一番美味しいと思う。やめないで!」
「是非ともレトルト商品化をしていただきたい!」
「シカジマ君の出番をもっと増やしてあげて下さい♪」
「今まで他で鹿カレーを食べた事があるがここの鹿カレーが一番美味しい」


ここには書ききれないほどの嬉しいお言葉。

こうしたお客様の気持ちに、私共スタッフが大きな力をいただいた

企画となりました事を、この場をお借りしまして心より御礼申し上げます。

ありがとうございました




さて、本日3/1より、元祖鹿カレー名称改め、近江日野産天然鹿カレー

「鹿肉の竜田揚げカレー」の2種類を、

滋賀県の水口店・大津下阪本店以外の

カレーハウスCoCo壱番屋で販売いたしております

EXPASA多賀店では、近江多賀産天然鹿カレー」を販売。

今後も滋賀県の鹿肉有効活用の一翼を担うべく、

尽力してまいりたいと存じます

皆様方のご来店を、スタッフ一同、心よりお待ちいたしております。




鹿、竜田H25.jpg

鹿、竜田2013(裏面)多賀以外.jpg

【近江日野産天然鹿カレー・鹿肉の竜田揚げカレー販売店舗】

◆長浜8号バイパス店
◆彦根中藪店
◆八日市春日町店
◆草津野路店
◆守山播磨田店
◆栗東インター店
◆東近江五個荘店
◆近江八幡サウスモール店
◆大津堅田店
◆大津におの浜店



【近江多賀産天然鹿カレー】

◆EXPASA多賀店
(名神高速道路 下り線 フードコート内)



店舗検索はこちら↓↓↓
http://tenpo.ichibanya.co.jp/search/shop/pc/kenmap.php?f_code=25

行きたい店舗の地域をクリックして下さいね♪
店舗情報の詳細をご覧いただけます♪♪



記事続き
タイトル
タイトル
ココdeシカ スタンプラリー企画2/28で終了します
記事本文
 皆さんこんにちは。寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか

今年の湖北は今のところ豪雪にも見舞われず、

ありがたいと思う反面、温暖化の事も気になり、複雑な心境になる今日この頃です。

  


さて、平成22年5月17日より通年販売してまいりました

滋賀の鹿クンを使ったメニュー 『アドバンス鹿カレー物語』

滋賀県の悩みの種のひとつとなっている鹿肉(ろくがい)の有効活用を。

という事で、日本人にはまだまだ馴染みのない鹿肉を

馴染みあるココイチのカレーを通じて広めていく事によって、

鹿肉の美味しさ・命をいただく事への感謝の気持ち、

今を取り巻く現状・営農者や猟師さん達の苦悩と活躍を伝えるべく、

大手カレーチェーン店で獣肉を使ったカレー発売の


先駆けとなって、今や全国各地のココイチでも鹿カレーを

販売されるようになりました

中でも通年販売をしているのはアドバンス(弊社)だけ


弊社が買い付けに行く猟師さん方(獣美恵堂さま、山肉亭さま、多賀町さま)

の命がけのご尽力と、今や弊社のキッチンファクトリーで仕込みを担当

して下さっているパートさん方のおかげでもあります

いつもありがとうございます


レバー嫌いの私が何度も何度も試食を重ね

「私が食べて美味しい!と思えるようになったら商品化となる!」

という強い信念を持ち続け、多い日には1日3食、

鹿カレーの試作品でその日一日の食事が終わった時もありました

今となっては懐かしい出来事です

あの7ヵ月間、本当にあきらめずにやってきてヨカッタと思えます



私達が滋賀の鹿害の現状を知った平成21年秋、

滋賀県の鹿の生息数は約2万6000頭と言われており、

驚きを隠せませんでしたが、平成23年11月には滋賀県が

生息数を見直し、約4万7000〜6万7000頭と大幅に増えました。

年間の捕獲目標も8500頭から1万3000頭以上に引き上げる

必要があるという事で、当時、嘉田由紀子滋賀県知事は、

1万5000頭の鹿を捕獲していかなければ。と私達におっしゃいました。


こうして鹿カレーを販売し続けていても減る事のない鹿害。

メス鹿は2才になった頃から、毎年、出産期を迎える為、

増え続けているとも言われております。


そこで昨年11月20日より、嘉田知事のお言葉に力をいただいたかのように

思い切って弊社全店(10店舗)で鹿肉カレーの販売に挑みました。

鹿カレーも新たに2種類を早急に商品開発化をし、

合計4種類、ここでしか味わえない4種のシカカレー」というキャッチで

『ココdeシカ(ここでしか) 企画を始めました

滋賀県の鹿肉の有効活用を近江商人の「三方よし」の力で

全力で取り組んで行きたいと願い、売り手=猟師さん、

買い手=アドバンス、世間=地域のお客様という想いを持って、

鹿肉の利活用への一歩としてご協力していただいたお客様に

ココイチオリジナルスプーンや、弊社で作ったココイチエコ箸を

感謝の気持ちとしてお客様にプレゼントをしよう!というものでした



おかげさまで約800頭(販売当初からの推定)の鹿を

猟師さん・弊社・お客様  の力で有効活用出来た事になりますが、

まだまだ1万5000頭には程遠いのが現状です。



こちらのココdeシカスタンプラリー企画は、2月28日を持って終了となり、

4種のうちの2種類も併せて販売終了となります。

11月の記者発表で新聞各社様やテレビで公開して下さり、

ありがとうございました

おかげさまで利活用の輪が少しずつ、広まってきたような気がします

そして、先日、産経新聞さまでも記事にしていただきました

↓↓↓

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130217/wlf13021712000007-n1.htm




アドバンス鹿カレー物語は、3月1日より、

元祖鹿カレーの名称を近江日野産・近江多賀町産鹿カレーと戻しまして、

鹿肉の竜田揚げカレーの2種類を弊社全店で販売継続してまいります。

鹿肉は調理法の工夫でとっても美味しくいただけます。

猟師さん達が命がけで捕獲をした鹿クン達を、産業廃棄物として扱うのではなく、

牛・豚・鶏肉のような感覚で、美味しくいただいてほしいと願います。

『鹿害』、『獣害』と私達は言いますが、鹿が悪い訳ではありません。

私達人間が消費をしないから「害」になってしまうだと思います。

折角ある鹿クンの命に感謝をし、ありがたくいただく事が、

今、私達を取り巻く「害」というものを少しでも軽減させる一歩だと信じています



鹿よけの柵は、江戸時代からありました。ですので昔から人間と野生動物は

柵を作る事で農作物を守ったり、猟に出かけたりと共存していたのです。

現在では猟師(ハンター)の後継者不足、森林が手入れされない事によって

野生動物が人里慣れしてしまった事、飽食の時代になって

日本全国に『獣害』が広まっています。


人間が作り上げた環境ならば、人間が共存に向けて尽力するしかないのだと思います。

ハンターばかりではありません。県や市の職員さん達、その関係者の方々も

日々、いろんな場面で活躍なさっています。しかし、捕獲された獣肉を

埋設処分や焼却処分といった事で無駄な税金を使うのではなく、

まずは私達が食べる事からはじめてみる。そんな輪を広げていきたい。

いつもそう願ってなりません。



今日のブログはいつもより長くなってしまいましたが・・・
(すみません。鹿の事になるとつい、熱く語ってしまいます   )


ここで改めて『ココdeシカ』

ここでしか味わえない4種のシカカレーのご紹介です



ココdeシカスタンプカード(表).jpg



◆発売当初からご好評いただいております

元祖鹿カレー(3/1より近江日野産・多賀産鹿カレーに商品名を戻します)

独自の製法と秘伝のスパイスで鹿肉を食べやすくしております。

鹿肉特有の硬さやパサつきを軽減させるように工夫しており、

「大変食べやすい」とご好評いただいております。

【2/28までの販売店舗】

EXPASA多賀店

栗東インター店

大津堅田店

近江日野産(多賀産)天然鹿カレー(長浜8号バイパス店他9店舗).jpg



◆鹿肉の竜田揚げカレー

鹿肉をジューシーな竜田揚げにしました。

鹿肉の持つ栄養価と、しょうがの持つ

冷え性改善・脂肪の分解・美肌効果で美味しくキレイに。

をコンセプトに作り上げました。

食べやすくて単品でおつまみとしても美味しく召し上がれます。

【2/28までの販売店舗】

八日市春日町店

近江八幡サウスモール店

東近江五個荘店

鹿竜田カレー.jpg


◆鹿カツカレー

鹿カレーの第2弾として当初、長浜・余呉産鹿カツカレー

として長浜8号バイパス店で販売開始、その後、

日野町の獣美恵堂さんの鹿肉を使って販売。

鹿肉をボリュームたっぷりのカツにしました。

「まるでビーフカツを食べているかのようだ」

とお客様からお声をいただいております。

赤ワインやその他の食材で臭みを消しました。

【2/28までの販売店舗】

長浜8号バイパス店

彦根中藪店

草津野路店

※こちらのメニューは、2/28を以て終売とさせていただきます。

長浜・余呉産天然鹿カツカレー.jpg


◆鹿肉のクリームシチューカレー

小さくカットした鹿肉をコンソメで風味づけし、

にんじん・ほうれん草でクリームシチュー風に仕上げました。

鹿肉・ほうれん草の持つ鉄分と、

クリームシチューのカルシウムでお子さまや女性にも

食べやすく工夫しました。

クリームシチューとカレーのコラボレーションが

2度楽しめるという事で「食べやすくて美味しい」と

お声をいただいております。

【2/28までの販売店舗】

長浜8号バイパス店

守山播磨田店

※こちらの商品は、2/28を以て終売とさせていただきます。

鹿クリームシチューカレー.jpg


上記4種類の鹿カレーのうち、いずれか2種類をお召し上がりの方に

ココイチオリジナルスプーンを、

4種類全てお召し上がりでコンプリートいただいた方には

エコ箸をプレゼントしております

cocodesika-121113-u.jpg



2月末で終了となるココdeシカスタンプラリー企画、

まだお召し上がりいただいていない方も、リピートして下さる方も、

是非、上記店舗へのご来店を心からお待ちいたしております

滋賀県に鹿肉の利活用の輪がもっともっと広がりますように

全量有効活用が出来る時がくるまで

アドバンス鹿カレー物語は続いていきます

そして、近い将来、牛・豚・鶏肉の隣に鹿肉が並びますように



シカジマ君.jpg

アドバンス鹿カレー物語
オリジナルキャラクター:シカジマ君










記事続き
タイトル
タイトル
鹿カレー嬉しいブログを紹介します☆彡
記事本文

ある日、EXPASA多賀店で好評発売中の近江日野産鹿カレーを

お召し上がり下さったお客様から 嬉しいアンケートはがきが届きました

そのコメントを見た代表の岡島が思わずペンを取り、

お手紙を綴りましたところ、このようなブログを書いて下さっておりました

この場をお借りし、ご紹介させていただきます

↓↓↓↓↓↓↓

http://nobuji.at.webry.info/201204/article_5.html



ご来店いただき、誠にありがとうございました

そして応援して下さっている事に弊社一同、心より感謝申し上げます

記事続き
タイトル
タイトル
長浜・余呉産天然鹿カツカレー好評販売中♪
記事本文
 


さぁ〜ってっっ

順番は前後しますがまずは弊社名物の鹿カレー第二弾

『長浜・余呉産 天然鹿カツカレー』販売のお知らせです

4月2日から5月末日まで好評発売中、長浜8号バイパス店のみの

限定販売です



今回の鹿肉加工処理場は、白川ファーム山肉亭さん

代表の白川芳雄さんは、獣肉販売の他にも、

北国街道 余呉こしひかり 「天女の舞」というお米も大切に育てていらっしゃいます




そんな白川さん。いつもは他4名の猟師仲間さんと余呉の山間部で

シカやイノシシを捕獲していらっしゃいます





長浜8号バイパス店で販売している今回の鹿カレーは、

弊社セントラルキッチン「キッチンファクトリー」にて

ワインとたまねぎなどでマリネをし、真空パックで味をなじませています

(これ以上は企業秘密デス。。。



鹿マリネパックをお店でオーダーをいただいた分ずつ開封し、

生パン粉で揚げています



鹿肉はパサつきがどうしても否めませんが、

どちらかというと牛肉に近いイメージで召し上がっていただけるかと思います。

鉄分が豊富で、高たんぱく・低カロリーな鹿肉は、現代人にとって嬉しい食材デス



先日、夜桜を見に余呉湖や海津大崎に行ってきました

もちろん、桜は綺麗でしたが、驚いたのは鹿の群れの多さでした

私は「きっと鹿クン達が出てくるだろうな。」と予想しながら

速度はゆっくりでしたので大丈夫でしたが、

怖いのは、知らないドライバーが走りを楽しむために飛ばし、野獣と接触してしまったら、

間違いなく車は全損、状況によっては大事故へと繋がってしまいます。

もしも、対向車や歩行者がいれば大惨事に・・・と考えると怖いですね。。。



しかし、そんな野獣に罪はなく、鹿たちも生きるために人里へ降りてくるのですから

仕方ありませんし、こういった場所も獣害区域にして地域貢献で銃猟すればいいのに。

と簡単に考えてしまいますが(すみません。ココが獣害区域かどうか不明です)、

私にはまだまだ知らない条令や取り決めなどがあるのかもしれませんので

そう簡単には大きな声で言えませんが、人間と野生動物がうまく共存できる

環境になれば。と切に願います



滋賀県では昨年11月に約26000頭のニホンジカの生息数を見直し、

大幅に生息数が増えたと発表しました。




ヨーロッパではジビエ料理として扱われている高級食材。

日本人にはまだまだ馴染みがないのが現状であり、

「獣(けもの)臭い」 「野蛮」 「奈良の鹿は神様なのに」といった

イメージが強くなりがちですが、獣害は滋賀県だけではなく、

全国的に広がっている深刻な問題でもあります



今まで宮崎・岐阜・長野などの他府県から数多くの行政関係者様が

視察に訪れて下さいました



私達が上記のような概念を取り払い、鹿肉を美味しくいただく事により、

農業ひとすじで生活を支えておられる農家の方々の苦しみが少しでも和らぎます

また、私達の税金で銃猟されたニホンジカを焼却処分や埋設処理で

せっかくの命を無駄にするのではなく、「地域貢献・環境保全・健康志向」といった観点で

地域の皆様にココイチのカレーを通してジビエをもっと手軽に食していただければ。

そんな願いを込めて提供しております



お近くにお越しの際は是非、長浜・余呉産 天然鹿カツカレー

召し上がりにご来店くださいませ

また、平成22年から販売中の近江日野産鹿カレーは、

現在EXPASA多賀店(名神高速道路 下り線 多賀サービスエリア)にて

お召し上がりいただけます

記事続き
タイトル
タイトル
山之内町の皆さん、ありがとうございました♪
記事本文
本日、近江日野産鹿カレーの視察にご来店いただきましたのは、

山之内町役場様 19名さまぁ〜

長野県から遠路遙々お越しいただき、ありがとうございました

私が八日市春日町店に到着した時間がグットタイミングで間に合いまして・・・
(ヨカッタ〜♪ 間に合って(*^^))

お役に立てたかどうか分かりませんが、いろいろとお話をする事が出来ました

長野県も獣害が滋賀県とは比にならないぐらいあり、

山間部での猟になりますから、それは大変な事だそうです。




滋賀県も伊吹山の稀少な高山植物に害を与える鹿対策に、

今年度から、伊吹山での銃猟が山間部での猟の仕方として

モデルケースになるとの記事が以前にありました。



とはいっても、平地とは違った苦労もありそうで、

それこそ命がけでの銃猟ですね・・・。



さて、山之内町役場様が召し上がられた近江日野産鹿カレーの感想は・・・

「鹿肉とは思えないぐらいやわらかくて美味しい」

「大和煮のような美味しさで臭みもなく驚いた」

など、嬉しいお言葉を沢山いただきました。ありがとうございます



鹿カレー誕生までの道のりは、決して楽ではありませんでしたし、

仕込みにいたしましても大変手間入りな作業なものですから、

このような嬉しいお言葉をいただく事が、私共のやりがいとなっていきます



本日、滋賀県へ数カ所視察にお越し下さった事が、

今後の長野県での獣害対策に、なにかひとつでもお役に立てる事が出来れば

光栄に思います



鹿肉を美味しく食べる事が日本全国に広がりますよーに








記事続き
タイトル
タイトル
輪を広げる事の実現に向けて。。。
記事本文
 
また今日から2/4頃まで雪マーク。。。

湖北で生まれ育った宿命とも言いましょうか。雪かきに雪道は大変です

が、綺麗な雪景色が普通に見られるのがいいですね

特に晴れた日の 伊吹山 の雪化粧はとても綺麗です


しかし・・・ 同じ長浜市でも余呉町はもっとスゴカッタッッ!!

2012.1.31(余呉雪).JPG

景色がとっても綺麗です

これでも先週に降り積もった雪が数日かけて一旦溶けて。

で、こんな感じなんですよ



はぃ、その余呉町に何故行ったのか!? が本題となりますが、

今日は、次なる鹿カレーメニューの第二弾として、

長浜市にも「食」の立場から獣害対策の取り組みを広げていこうと

余呉町にあります処理施設へ視察に行ってまいりました



こちらではシカ、イノシシの他に、クマも捕獲できるのだとか。。。

シカにイノシシは食べた事がありますが、クマ肉はいまだかつてございませんので、

少し、興味があります  どんな味がするんだろぅ 



ところでこちらの施設は衛生管理もしっかりなされており、

長浜市のとある有名ホテルにも鹿ロースを卸しておられるとか

日野町猟友会の獣美恵堂(ジビエどう)さん同様、綺麗なお仕事でしたので、

長浜で発売する鹿肉は、こちらでお願いをする事になりました




メニューも既に決まっており、私も試食済み

近江日野産鹿カレーはもちろん販売継続いたしまして、

「鹿の輪」を湖北にも広げるべく、あとは本部承認が下りる事を

願うばかりです







記事続き
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.