コンテンツ
ヘッダ

人事のO・SHA・BE・RI ☆彡

ようこそぉ〜♪  ココイチ(FC展開)人事のお喋り部屋へヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ
弊社の採用情報などのご紹介をはじめ、食べる事が大好きな人事の、ココイチグルメ・
その他グルメをご紹介してまいりたいと思います☆彡 気楽ぅ〜にご覧いただければとても嬉しいです♪

ボディ
メインコンテンツ

カレンダー

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事

タイトル
タイトル
第1回 ynnまつり 日野町PR
記事本文
 吉本のお笑い芸人「ファミリーレストラン」さんが滋賀のPRで現在活動されており、

1月7日に日野町より鹿肉のPRで行ってきてくださいました

(Sさん、お声がけいただいたのに一緒に行けなくてホントすみませんでしたm(・・)m)



さて、日野町といえば弊社でH22.5月から販売しております日野産の鹿カレー

H21年に出合った日野町役場さん、そして猟友会(獣美恵堂(ジビエどう)さん)達の

熱い熱い取り組みがあってこそだと私は今でも思っています

現在では商品名や調理工程は違えど、ココイチでも北海道・熊本・長野県などで

鹿肉を使ったカレーが販売されており、きっと各地区でも様々な反響があるのではと

思います。





発売以来、県内外から数多くの方々に視察へとお越しいただき、

獣害対策・環境保全の取り組みが全国に広まる事を願ってきました。

大手カレーチェーン店から、鹿肉を美味しく食べること』を広めていける事が

とても嬉しく思います



そして今回、PRに行ってくださった日野町のSさん、

なんとっっ! 昨年、銃猟の資格を取得され、現在『猟師』としても活躍中の

パワフルキャリアウーマンなんです

そう! 女性です

どうです!?  カッコイイでしょ

私が惚れるぐらいアグレッシブなお方でして、鹿の解体まで

女性ならではのキメ細やかな手さばきでガンガンやってのけちゃうSさんです

齊田さんチラシ用のコピー.jpg


昨年、Sさんが初めて仕留めたという鹿肉を、フランス料理店のオペラさんで

しっかりいただいてきました



日野町猟友会(獣美恵堂)さんでは、鹿肉の缶詰も販売したりと

牛・豚・鶏に加えてヘルシーで体にやさしい鹿肉の加工・販売にも

力を入れていらっしゃいます

そんな中での女性猟師さんの誕生とあり、人気が高まりそうですね


Sさん、近江日野産鹿カレーのPRを沢山していただき、

ありがとうございましたぁぁぁ〜〜


『感謝!!』


ynnまつり滋賀2012.1.7.jpg








記事続き
タイトル
タイトル
近江日野産鹿カレーが教材として掲載されましたヽ(∇⌒ヽ)
記事本文
 昨日、15:00に新規開発メニューのため、打ち合わせに同席して下さった

M様より手渡された1冊の本

かわいい目のシカが獣害ってどうして?という表紙。







2011年1月25日に社団法人 農山漁村文化協会(東京都)から発行された

児童向けのシリーズ鳥獣害を考えるという教科書になっているとの事でした


鹿教科書表紙.jpg







お借りして読んでみますと、児童でも大人でもとても分かりやすく解説されており、

私も更に勉強になる事柄が記されてありました

例えばシカによる獣害に、どのようなものがあるのかという事は知っていましたが、

シカの住んでいる場所によって獣害の種類も異なる事が書かれていたり・・・


あんな獣害、こんな獣害.jpg






シカが増えすぎてしまった理由は、「人の手によるもの」と説明されていたり・・・

なぜ鹿が増えすぎてしまったの.jpg








シカの獣害を減らすために、わたしたちに出来る事は何か。

そしてむやみにシカの命を奪うのではなく、肉を調理・加工をして食べる事も、

シカの命を無駄にしないために大切な事。と記されており、

この本を読んで感じた事は、私達が日々、会社説明会で説明したり、

多賀店のランチョンマットに印刷して獣害を広く知っていただいているように、



これからの将来を担う子供達に、このような獣害があるという現実と、

命と向き合う事の大切さを教育の場でも伝えておられる時なのだ。

と改めて感じ、これからも6月以降はEXPASA多賀店だけの販売となりますが、

鹿カレーの加工に励みたいと思います



鹿カレー教科書.jpg




カレーハウスCoCo壱番屋 株式会社アドバンスが、

日野町猟友会さん(獣美恵堂「ジビエドウ」)と農産普及課のMさんの協力により、

2010年5月から販売する事が出来た近江日野産鹿カレーが、

このような教材となった事は、私共にとっても嬉しい事です




鹿カレー教科書アップ.jpg



シカ肉を食べるという事にまだまだ馴染みのない日本人ですが、

全国的に広がっている獣害を減らしていくひとつの方法として、

シカ肉をおいしく食べる事を、今後も広めていける力「チカラ」になる事が出来れば嬉しいです
記事続き
タイトル
タイトル
近江日野産鹿カレー食べてきました☆彡
記事本文
 昨日は久しぶりに近江日野産鹿カレーの検食巡回に行ってきました

本社で行っている鹿肉の仕込み段階では、必ずその日の出来栄えを検食するのですが、

鹿カレーになったものを食すのは、また味が一味も二味も違ってきます。

ですので、カレーになった鹿肉を検食するのはとても大切な事なんです

普段、鹿カレーを取り扱っている店舗の店長や調理者も定期的に検食をしています



近江日野産鹿カレーは全国のカレーハウスCoCo壱番屋1270店舗の中でも

弊社2店舗だけの限定メニューですので、セントラルキッチンで仕込みを行わず、

自社で加工・仕込みを行っています。その分、毎回が真剣勝負です

鹿肉も他の肉同様で、固体や部位によって硬さや香りが違ってくる為、

全てのお客様に「美味しい!」と思っていただけるようなパッキング作業をいつも心がけています



5月8日に放映されたシルシルミシルさんデーで少しだけ・・・

近江日野産鹿カレーが紹介されましたが、驚く事にこの反響がスゴイんです

前回のニュース番組で取り上げられた時よりもスゴイかも

放映後、EXPASA多賀店では、「TVを見て鹿カレーだけを食べにここまで来ました。」と言って、

お二人様でお食事後、お土産にと鹿カレーのテイクアウトを3個買って帰られたお客様や、

「一宮からわざわざ来たで〜。」と笑顔で話しかけて下さるお客様が多いらしく、

私、昨日は12時過ぎにEXPASA多賀店へ行き、しばらく食器返却口で立っておりましたが、

「これはうまぃっ!! 商品化にして正解やゎ。 よぉやったな! 素晴らしい!」

と何とも嬉しいお言葉をいただいたりで私共が驚いております


日野町猟友会の皆さん、
私達の鹿にかける「想い」がひとりでも多くの方に伝わる事・・・


これを私達の目標として1年販売してきました

6月1日以降は、EXPASA多賀店のみでの販売となりますが、

これからも「想い」が伝わるように、心を込めて作ってまいります 一食入魂!!   

ねっ! 岡島社長♪♪ 西川店長♪♪ 近藤店長♪♪



さてさて、私も鹿カレーの検食しなきゃっっ

西川店長、美味しい鹿カレー、お願いしまーっす

P1050061.jpg



出来ました   近江日野産鹿カレー   美味しそぉ〜

ミニのぼりも横に置いてパチリッ  ←川森作成

P1050047.jpg



ちょっと暗めに写っちゃぃました・・・失敗・・・

1人前に120グラムの鹿肉を使っていますので、

ゴロゴロとボリュームもあり、肉好きにはた・ま・ら・ん  お味になっていると思います

下には多賀専用の鹿カレーランチョンマットです  ←川森作成


P1050056.jpg


一口で食べきれるサイズで、且つ、ゴロゴロ感を出すように肉のカットにも気を配っています

「うぅ〜ん やっぱCoCo壱サイコー  鹿カレーバンザーィ 」

西川店長の一食入魂が更にカレーを美味しく引き立てます




鹿肉は鉄分が牛肉や豚肉に比べて豊富だし、低カロリー、低脂肪、高タンパクと

現代人には嬉しい食材なんです

ヨーロッパなどのジビエ料理に使われる高級食材ですが、

日本にはまだまだ鹿肉を食べるという文化がなく、どちらかと言うと

「けもの臭い」「野蛮な感じ」「神様」といったイメージの方が強いのが現実です

しかし、営農者の農作意欲をこれ以上、低下させない為にも、

増え続ける鹿を駆除していかなければならず、駆除した鹿を食べる文化のない日本で

埋設処理をして鹿の命を無駄にするよりは、こうして

命と向き合う事の大切さ・命をいただく事の感謝の気持ちの輪を広げる事が

出来ればいいなと思っています



EXPASA多賀店の皆さん、これからも美味しい鹿カレーを笑顔のスパイス付きで

よろしくお願いしまーっす

いつもお昼の運営で頑張って下さっている主力パートさん達もパチリッ

にゃ!? ちょっと緊張していらっしゃる・・・

P1050084.jpg






そしてそして!

昨年5月24日より1年間、お世話になりました。

鹿カレー、近江八幡サウスモール店での販売は5月末までとなります

沢山の方にご愛顧いただき、本当に嬉しいです  ありがとうございました

従業員一同、感謝申し上げます


サウスモール店鹿カレー.jpg



あと残り11日間の販売となりましたが、サウスモール店の看板娘ちゃん達が

心を込めてお作りいたします

近くにお越しの際は、是非、お立ち寄り下さいませ


サウスモール(笑顔).jpg









記事続き
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.